2017年2月 1日 (水)

犬同士の挨拶

つくしがまだパピーのころ、駒沢公園通りにあるカリスマトレーナーの方のところで、基本的なしつけを行った。
人間社会で生きていくワンコなのだから、基本的なルールを身につけさせたかった。
おかげで、何とか基本的なルールは身について、トレーナーの方がハンドリングすると、まあ!完璧!!

でも、私がリードを握ると、そうはいかないことも多く、結局大切なのは、飼い主の接し方と、犬と飼い主の主従関係や信頼関係だということが分かった。
飼い主といえども、なかなかうまくいかないことも多い。
特に、まだ若いので、向こうから可愛いワンコが来たり、ライバルな男の子が来たりすると、興奮気味になったりする。

2
まだトレーニング中のころ、駒沢公園での外トレーニングの休憩時間、向こうからそれはそれは穏やかな、大きなワンコが近づいてきて、何事もなく犬同士の挨拶もできて、ご満悦だった私。
でも、それを見ていたトレーナーの方から、叱られた。
「あのワンちゃんとは、知り合いですか?」
「知らないワンちゃんと挨拶させるなんて、危険ですよ」
「『犬』なんですから、何があってもおかしくありません。」
「突然何かあって、大きなワンコが小さなワンコをくわえて振り回したら、もうひとたまりもありませんよ。」
「そういう事故を、私は何回も見ています」
「知らない犬同士の挨拶なんて、必要ないです」

犬同士の仲良い挨拶は見ていてほほえましい光景なので、本当にびっくりした記憶がある。

___7_2

12143337_10208078782108585_89465154
でも…確かに、犬の世界のことは人間にはわからないかもしれない。
がんじがらめのトレーニングが、仮にできたとして、それでも100%の安全があるのかしら。
もしそこまでしつけができたとして、ワンコは楽しい散歩ができるのかな…。
そんなことを思って、知らないワンちゃん同士は、穏やかにすれ違うだけでいいと思うようになった。

先日、小田急線が夕方から止まっていた。
スマホでその原因を調べると、「動物支障」と出ていた。
動物支障って何?
さらに調べると、最初は人身事故ということだったらしいけど、結局人間ではなく犬だったという。
今時、都会に野良犬がいるわけもなく、どこかの飼い犬だった可能性もある気がする。

平気でノーリードで歩く人。
「うちの子は絶対大丈夫だから」

でも、犬に絶対ってあるのかしら。
突然何かあったら、人間でもパニックになるのだから、犬はもっと…と思う。

リードは命綱だ。

信じていないわけではなく、安全を確保する義務が飼い主にはある。
その後の情報は、わかっていないのだけど、複雑な思いがした。

«初散歩&神社のお参り