« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月14日 (土)

もう初夏!

今日は、日中は日差しがきつくもう初夏を思わせる陽気でした。

今日のお散歩は、11時ちょっと前でしたが、道路の近くを歩く足の短いMダックスにはちょっと暑かったかもしれません。だんだん、朝の散歩でないとダメになりそうです。

今日の芝生には、クリーム色のダックス君がいたのですが、ちょっと怖がりさんで、ウランが近づこうとすると、飼い主さんの後ろにかくれてしまいました。
ウランは、ご挨拶したかったみたいですけど。

その後、富士街道沿いに見事な八重桜があるといので行ってきました。

Dsc_2901w640 Dsc_2910w640 

実物は本当に見事だったのに…。

Dsc_2916w640_2すっごくおりこうさんに歩道を渡るチャップ。やればできるのに、あっちからワンちゃんが来ると…?!

Dsc_2905w640_3

すっかりおなじみになった広場には、なずながいっぱい!
ウランも、心なしか少女のよう?

2007年4月 9日 (月)

春の庭先

Dsc_2891v640

久々にゆっくりとした朝、猫の額よりも狭いわが庭に白いチューリップが忽然と姿を現した。そのそばの濡れ縁のそばには、こんなお花。

Dsc_2884v640_1

Dsc_2889v640

それに、庭先の一番いいところに鎮座するアジサイ。
みずみずしい緑が日一日と青みを増し、大きくなっていきます。
どんな色のアジサイが咲いてくれるのか…、楽しみ楽しみ。

Dsc_2890w640

我が家の庭先から見える、練馬の生産緑地。
今は、春キャベツのシーズンのようだ。

Dsc_2892w640

 

仲良し?

チャップとウランを一緒に散歩させるの、って結構大変です。

かたや「ワンちゃんと出会ったらご挨拶しないではいられない」、もう片方は、必死の警戒警報。
やっぱりすれ違うワンちゃんとは、ウランのようにちゃんとご挨拶して仲良くしてくれると飼い主としても嬉しいのだけど。
というわけで、別々に散歩させることも多くなりましたが、ドッグトレーナーさんによると、多頭飼いの場合、何でも一緒にさせたいと思うだろうけど、ワンちゃんも時にはひとりになりたいこともあるとか。いつもいつも一緒というのもストレスになるとか。
いろいろ、ありますね~。

というわけですが、今回は二人一緒のお散歩。
近くの桜の大木が、それこそ花吹雪状態でした。道路にも花びらがいっぱい散って、ついでいウランのお鼻の上にも花びらが…

Dscf2992w640 Dscf2993w640

いつもの芝生で少しだけリハビリ。
でも今日は不調で、左足もほとんど動かしていませんでしたが。

家に着いたら、やっぱりお風呂!!

今回は、バスも一緒に入れちゃいました。ちょっと窮屈そう?
でも、このウランの喜びようは何なの?

Dscf3015w640 Ofuro  
チャップは、「早く出してよぉ…」っていっているような、情けない顔。
どこまでも、違いを主張するお二人さんでした。

お風呂上り… 水もしたたるいい女?

Dscf3022v640

2007年4月 5日 (木)

桜の季節

桜…といえば、どうしても思い出すのが、数年前娘が入院していた病院の桜。
動かなくなった手が痛々しかった頃、優しく励ましてくれるように、一面に咲き誇っていた桜。チャップとウランをつれてお見舞いに行き、思わず微笑んだ娘の顔が今も思い出されます。
その翌年には、母を連れてその病院にお花見。
 「あぁ…きれいねぇ…」 と、母も目を細めていました。

今年娘は結婚し、彼と一緒に見に行ったそうです。
どんなことを思いながら、その桜を見たのでしょう。 

今年は、私はその桜を見ることはできなかったけれど、その代わりチャップとウランと一緒に、近所にちょっとした桜のスポットを見つけました。

Dsc_2851w480 Dsc_28769w500

このあたりは湧き水というか、川が突然あらわれるところが、ところどころにあるようです。
桜の木のそばには、葱坊主・菜の花。住宅地の真ん中も春満開でした。

Dsc_2881 Dsc_2864t Dsc_2853500

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »