« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月 6日 (火)

白馬村

10月はじめ、念願かなって白馬のペンション「ヴィヴァルディ」に宿泊し、栂池自然園と八方尾根の紅葉を見に行った。

ペンション「ヴィヴァルディ」は、ラスティさんがいつも「一度、連れて行ってあげたい」と言ってくださっていただけにとても楽しみにしてでかけた。白馬駅に降り立つと、にこやかに迎えてくれる方がある。すぐオーナーだと直感した。
「時間的に余裕があるときは、あちこち案内してあげますよ」という言葉に甘えて、棚田、塩の道…と、次々と連れて行っていただいた。
わずか半日でこんなに回れるとは…。


Windows Live Spaces 棚田・塩の道

翌日は、今回の目的「栂池自然園の紅葉」!
実は、来年夏、お花が咲き乱れる頃に、いちえ会でオフを計画している。今回はその下見を兼ねてのモミジガリ。

しかし…、ペンションの周りも、ロープウェイ乗り場も、まったく紅葉の気配もない!
今年は、いつまでも暑く、紅葉も10日ほど遅れているらしい。
「これは、空振りだったかな…。」不安がよぎる。

お天気は最高!!でも紅葉が…
しかし!!
ゴンドラがあがって行くにつれ、少しずつ赤く色づいた木が目に入ってくる。
栂池は私たちを見放さなかった! 自然園の中は燃えるような鮮やかな紅葉が始まったばかり。青い空と、紅と黄に色づいた木々、やっぱり来て良かった…。


Windows Live Spaces 栂池自然園

栂池自然園をゆっくり写真を撮りながら一周。目の前の白馬三山に圧倒されつつ、大きな自然を堪能して下界へ。
宿で待っていたのは、奥様の手による洋風懐石。満室のお客さんとの写真談義も楽しい。
夜、満点の星を見たくて近くまで夜の散歩。冷えて腰が痛んでしまったが、陳腐だけどやっぱり「宝石箱をひっくり返したような」という表現がぴったりの、空一面に広がる星の群れ。天の川。「本当にこんなにたくさんの星があったのね…」と、みんなで、首が痛くなるほど空を見上げた。

3日目は、八方尾根。私は栂池自然園も八方尾根も2度目だけれど、以前はこんなに人が多かったっけ…。八方尾根を登る人の列は、まるで銀座。それに、なぜかほかの山に比べて若い方が多いように感じる。それだけここは、気軽に大自然しかもアルプスを堪能できる場所なのだろう。

一足歩いては撮影、また一歩歩いては写真。ほとんど前に進んでいかない。
今日は、2時には下に下りなければいけないのに~。
空に浮かぶハンググライダーが、ゆらゆらと頭の上を飛んでいく。


Windows Live Spaces 八方尾根

来年の夏、こんどはお花が咲き乱れるころに、また来よう!
大出の吊橋から、雪をいただいた白馬三山も写真に撮ってみたい!
水をたたえた棚田に映るアルプスも見てみたい!

まだまだ、「白馬の達人」への道は遠い…。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »