« 鳥取から大阪グルメ旅 | トップページ | 目黒川から駒場まで »

2010年4月 1日 (木)

ろあん松田

さて、熟年グルメ旅の最終日は、丹波篠山の「ろあん 松田」。

評判のそば会席のお店ですが…、車でしか行けないところにあるんです…。
電車だったら福知山線の篠山口からタクシーしか、手(いえ、足)がないかも…。

川西から1時間半ほど、友人のベンツで快適なドライブを楽しみながら、到着!
持つべきは、頼りになる友達ですね~(笑)

着いたところは…こんな田舎の一軒家。隠れ家といった感じです。

Photo01_4

Photo02_5

P3281825s

まるで、普通の民家のようなたたずまい。かろうじて小さな表札が、ここが「ろあん 松田」と教えてくれます。

ちょうど3月とあって、お雛様が何箇所かに飾ってありました。和の中に洋が取り入れてあって、独特の落ち着いた雰囲気が漂っていました。

Photo05

Photo06

席に着くとすぐ、黒豆茶と揚げそばでおもてなし。

Cats02_3

最初はお昼だから…とお酒類は断っていたのですが、そのお味の良さにこれはちょっと、お酒欲しいかも…。ということで、日本酒とビールを追加(^^;)。

早春にしか味わえない食材が次々と…、まずは20種類はあろうかというお野菜の数々…。そばがきは3月いっぱいまでは白みそ仕立てで、4月からは普通のそばがきに戻るとか。

Cats03_2

おそばは4種類。実は私はそばつゆがあまり好きではなくて、いつもはパスなのですが…。そばつゆのアテに「梅干し、水菜の菜の花、いぶりがっこ…」などなど。

Cats04

2時半からのお客さんが車で到着し始める頃には、お腹も満腹に。
最後は、そば茶と、お店の近くで採ったというヨモギで作ったヨモギ餅で…。

もともと関西風の薄味が好きな私、薄くてもそれぞれの季節のお野菜や食材がしっかりそのもののお味を主張している、っていうか…。なんといっていいかわかりませんが。
それぞれのお料理ごとに、食材と調理法を説明してくれます。
今は、早春の食材がふんだんに…。中でも蒸し野菜には、一同メモメモ…。
日本の食の奥深さを、改めて感じた次第でございます。

Line081_4

篠山のメインストリートのお店を車の中からのぞきながら、しばしのドライブ。
すでに、次のグルメ旅の予定も決まったことだし、ぺちゃくちゃとおしゃべりは続き…。

さて…、どこかでお茶でもしましょうか…。ということで、三田(さんだ)にドライブ。人気のスイーツ「es koyama」へと連れて行ってもらいました。ショップ、カフェ、とならんで何やらガーデンのようなものもあるようす。

ショップは、いつも長蛇の列。カフェも1時間待ち…。どこも一緒ですね~。
待ち時間を利用して、母校の三田キャンパスにひと走り。

「お席の用意ができました~」と携帯に連絡があった頃には時間がなくなって、エスコヤマは、次回のお楽しみとなりました…。

次のグルメ旅は、9月、壱岐に行きま~す。

« 鳥取から大阪グルメ旅 | トップページ | 目黒川から駒場まで »

カメラとおでかけ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
グルメ旅でもあったのですね。
ちょっと表から見たところただの普通の家のようですね。
こんなに美味しそうなものがいっぱい、素晴らしいお店なのですね。
ほんとに美味しそうで見とれていますよ。

↓学校のお写真まさに絵葉書ですね。
日本とも思えないようなシャレた建物ですね。

花より団子かと思いましたら、ちゃんとお花もご覧になって・・・・・良い旅になりましたね。

すいれんさん
関西に行く機会があったら、ぜひ丹波篠山の「ろあん松田」へ。おすすめです。でも、一人じゃいけませんね。

実は学校の正門に続くストリートは、両側に桜、その先に時計台、その先に甲山…というのがすごくきれいなんです。
このところの気候で開花が遅れ、タイミングがずれてしまったのが残念です。
昔住んでいた家もちゃんとあったし、いい休暇でした~。

いちごさんこんにちわ!そうですか・・・あれから大阪や兵庫に行かれてたのですね
篠山情報はすごいですね、是非行ってみたいと思います

パールさん
来てくださって、ありがとうございます。

そうなんです、鳥取のお仕事に便乗して、学生時代を過ごした関西に寄り道して帰りました。
…というか、どっちがメインだか…(^^;)

篠山のろあん、本当においしいですよ。ぜひ一度!

この記事へのコメントは終了しました。

« 鳥取から大阪グルメ旅 | トップページ | 目黒川から駒場まで »