フォト

いくつになったの?

Memory's memory

いちえ会メンバーブログ

  • blog list
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

薔薇

地下鉄南北線「西ヶ原駅」で下車徒歩7分のところに、「旧古河庭園」はありました。
洋館は、鹿鳴館や旧岩崎邸を設計したコンドルの最後の作品、ということもあって、特に楽しみにしてきました。

重厚な石造りのエントランスには、古河家の家紋が…。

Img_1562

一歩入ると、マントルピースと当時からのシャンデリアがある広いロビー。
そのロビーの周りにぐるりと、各部屋に入るドアが並んでいます。
ガラス張りのサンルームがついたビリヤードルーム、応接間、バラ園を望むダイニング。
こんな調度に囲まれ、バラを正面に見ながらの朝食、優雅すぎます…。
特に、メインダイニングは、端と端の席では会話ができないほど広く、そのため音響効果を考えて腰板を高くするなど配慮されているとか。時折、この部屋でコンサートが催されるというのも納得です。

階段を上がって二階にあがると、そこも広いロビーに、ぐるりのドア。
そのドアの中に、もう一枚引き戸があり、その奥は純和風…というより正式な和室がしつらえてあるなんて想像もできません。
和室には書と同様に「真・行・草」の格があるそうで、お客様用の和室の作りは最高級ランクの「真」、家族の居室は「行」や「草」と作り分けられていました。外観は完璧に洋風の建物の中に、「格」を意識した和室があるなんて、驚きです。
さらに、主寝室の隣に6畳ほどの小さな部屋が隣接していて、壁や天井は洋風なのに床が「畳」…。
日常は和服で過ごした当時、着替え場はやっぱり畳で…、と、あとで床に畳を入れたとか。
そして、特注のタイルに大理石のこじんまりした風呂桶…。
贅を尽くしながら、でもやっぱり日本人だなぁ…と妙に親近感を覚えた空間でした。

洋館は、外から見ると重厚な煉瓦造り、その少し赤みがかった外壁(雨にあたると若干赤みが増すそう…)にバラの花がよく似合います。

Page2

雨上がりのバラの庭園、アイボリーのバラがまるでブーケのようでした。

P53026612w640

Flashは、いちえ会で皆さんと一緒に勉強していますが、市販本での独習ですので、なかなか進みません…。
でも、一緒に何かできるって楽しいものですね!

2011年5月24日 (火)

食欲の…ウラン

P5172555

朝ご飯、私も手伝ってあげましょうか?…なんて思っているのかな。

2011年5月15日 (日)

東大駒場キャンパスの散歩道

東大駒場キャンパスの小さなバラの花壇は、今、さまざまな品種が次々と咲き始めていて、ついつい足がむいてしまいます。Dsc_5553_2

Dsc_5540w640

Dsc_5547

Page2_3 Page3 その先の梅の木は、2月には甘い香りと可愛いお花で楽しませてくれ、今の時期は大きな実をつけていますが、ここの梅は実を取るためのものとか。以前は、このあたりは農学部があったとか聞いたことがありますが…。

 

2011年5月 3日 (火)

つむぎ、2階からダイビング!

久々に、駒場につむぎを連れて行った日…。

Img_1498_2 

このあと、事件が…。
教室のドアが開いた隙に外に飛び出してしまい…。

電車や車が危ないので、私はパニックに。
当のご本人は、追いかけっこで遊んでいるつもりなのか、はたまた「この自由を満喫しなくては…」と逃げ回ったのか。

ともかくも、2階のルーフバルコニーのようになっているところから、階下へダイビング!
幸い、どこも怪我していないようだし、その後も飛び回っているので、ホッとしたものの、やっぱり気になって動物病院へ!

話を聞くなり、先生は絶句!
念入りに検査した結果、今のところ骨折もひびもないようだけど…、といいつつ、3日間は絶対安静を言い渡され、「悪いのは、つむぎちゃんではありませんよ!」の一言。
そうなんですよね、悪いのは人間、というより、保護している私。
いつも、細心の注意を払っていなくてはいけないのに…。

その上、3ヶ月は何が起こってもおかしくないので、絶対目を離さないように…とのこと。
延髄をやらていたら、動けなくなるし、内臓をやられていたら、突然死も…。

この連休、元気に長野や千葉にお出かけのつむぎ。
まあ、なんとか大丈夫そうかな…と思えるようになってきました。

このお転婆娘めっ!と思いつつ、チャップは相模川で行方不明になり車の下に潜り込んで震えていたらしいし、ウランはやっぱり玄関が開いた隙に自主散歩、散々探し回ったあげくに近所のお弁当屋さんのご主人にちゃっかり抱っこされていたり…。

やっぱり、飼い主がぼんやりなんですかね~。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »