フォト

いくつになったの?

Memory's memory

いちえ会メンバーブログ

  • blog list
無料ブログはココログ

« 食欲の…ウラン | トップページ | 公園の緑 »

2011年5月31日 (火)

薔薇

地下鉄南北線「西ヶ原駅」で下車徒歩7分のところに、「旧古河庭園」はありました。
洋館は、鹿鳴館や旧岩崎邸を設計したコンドルの最後の作品、ということもあって、特に楽しみにしてきました。

重厚な石造りのエントランスには、古河家の家紋が…。

Img_1562

一歩入ると、マントルピースと当時からのシャンデリアがある広いロビー。
そのロビーの周りにぐるりと、各部屋に入るドアが並んでいます。
ガラス張りのサンルームがついたビリヤードルーム、応接間、バラ園を望むダイニング。
こんな調度に囲まれ、バラを正面に見ながらの朝食、優雅すぎます…。
特に、メインダイニングは、端と端の席では会話ができないほど広く、そのため音響効果を考えて腰板を高くするなど配慮されているとか。時折、この部屋でコンサートが催されるというのも納得です。

階段を上がって二階にあがると、そこも広いロビーに、ぐるりのドア。
そのドアの中に、もう一枚引き戸があり、その奥は純和風…というより正式な和室がしつらえてあるなんて想像もできません。
和室には書と同様に「真・行・草」の格があるそうで、お客様用の和室の作りは最高級ランクの「真」、家族の居室は「行」や「草」と作り分けられていました。外観は完璧に洋風の建物の中に、「格」を意識した和室があるなんて、驚きです。
さらに、主寝室の隣に6畳ほどの小さな部屋が隣接していて、壁や天井は洋風なのに床が「畳」…。
日常は和服で過ごした当時、着替え場はやっぱり畳で…、と、あとで床に畳を入れたとか。
そして、特注のタイルに大理石のこじんまりした風呂桶…。
贅を尽くしながら、でもやっぱり日本人だなぁ…と妙に親近感を覚えた空間でした。

洋館は、外から見ると重厚な煉瓦造り、その少し赤みがかった外壁(雨にあたると若干赤みが増すそう…)にバラの花がよく似合います。

Page2

雨上がりのバラの庭園、アイボリーのバラがまるでブーケのようでした。

P53026612w640

Flashは、いちえ会で皆さんと一緒に勉強していますが、市販本での独習ですので、なかなか進みません…。
でも、一緒に何かできるって楽しいものですね!

« 食欲の…ウラン | トップページ | 公園の緑 »

カメラとおでかけ」カテゴリの記事

コメント

いちご先生 こんばんわ。

今日はおんぶに抱っこでありがとうございました~
(いつもそうですみません…(>_<)

Flash は難しくも出来ると満足感もあります。
このスキンみたいな パラパラワンコいつか作れたら…
ちと望み薄 ですが。

赤いバラ きれいにお化粧してますね。(^_-)-☆

例の・・捜査見ながらです。(*^_^*)

Daiさん
今日はあのあと、どうでしたか?
Flashは遊べますが。難しいですね。
ちゃんと、マスターできるのはいつになろことやら…。
少しずつでも進んでいけるといいですよね。

いちご先生 おはようございます。

先生、昨日はお疲れ様でした。
あのお方は ちゃんとできていましたよ~
すべての花が 拡大されるのと勘違いしていらして
遅れてしまったと思われたみたいでした。

次回も楽しみにしていますので また見放さないでくださいませ。
お世話になります~(-_-;)

あらぁ、そうだったのですか。
説明の仕方が悪かったですね。
私の方は、2時少し前にマイクロソフト社に入りました。
バッチリでした(笑)

いちご先生
こんばんは!北海道弁では「おばんです」といいます。(笑)
講座お休みしていたら、こんな楽しいFlashを作っているのですね~
指をくわえて「どうなっているのかな?」と眺めています。
秋になったら、きっとまた…その節は よろしくお願いいたします。
それまで、ほかの不都合がおきませんように。

クリスさん
はーい!お留守すると、芝生が青くなっちゃいますね。
どうなってるのかな…って、考えるのもいいですけどね。

秋になったら、またご一緒できますように…。

この記事へのコメントは終了しました。

« 食欲の…ウラン | トップページ | 公園の緑 »