フォト

いくつになったの?

Memory's memory

いちえ会メンバーブログ

  • blog list
無料ブログはココログ

« つるま自然の森から相模カンツリー倶楽部へ | トップページ | 境川へ »

2017年7月28日 (金)

ウバユリ

つるま自然の森と林間ふれあいの森は、市の境が森の中にあって、二つの森がまるで一つのようになっています。

この時期、夏の暑さを逃れて早朝5時~7時の間で犬の散歩をしますが、それでも森に入ると、ひんやりとした空気と、ふわっふわの地面が別世界のようです。

これで蜂さえいなければ、いいのに…と思うのですが、自然だからこそ蜂も虫も居心地がいいのでしょうね。

その林間ふれあいの森で、一部分がウバユリの群生地になっています。 7月末から8月始めが、その花の時期だそうで、毎日、日参しています。

20170728cats

ウバユリ…どうしてこんな名前が?と思ったのですが、どうやら花が咲くころには葉が枯れてきて「葉がない→歯がない→うば」ということで、こんな名前になったようです。

ユリというので、山百合にようなお花を想像し、咲くのを楽しみにしていたのですが、ほとんど筒状のまま、これで満開だとか。

ほんと、森の中の地味なユリです。
でも、あたり一面白いお花が群生しているのもなかなか壮観です。

森の外に、綺麗な蝶がいたので、調べてみました。
「アカボシマダラ」という蝶だそうですが、元から日本にいる種とは違って外来種。
日本の古来種が駆逐される心配があるほど、繁殖力が強いとか。
蝶に罪はないのに、少し嫌われ者らしいです。

夏の散歩は、早朝なので、帰宅後つくしも眠そう?

20170720_120412

ここ数日は、涼しい日が続いていますが、そろそろ猛暑が復活しそうですね。

宵待ち草

20170723_063903
 
これも、近頃あちこちに咲き誇っています。 ちょっとひなびた可愛い花ですね。
 
前後しましたが、先日つむぎ、こよりの家におとまりに行ってきました。
つむこよ家のお庭の香りを満喫しているつくしです。

20170728_10h20_23

(クリックすると動画が再生できます)

« つるま自然の森から相模カンツリー倶楽部へ | トップページ | 境川へ »

DIARY」カテゴリの記事

コメント

ウバユリがこれほど群生していいるところがお近くにあるとは
羨ましい環境ですね。

北海道ではよく見かけましたが、関東でも群生地があるとは
知りませんでした。

真夏の朝のひんやりした空気が伝わる写真で、ひととき涼ませて
いただきました。

つくし君は幸せですね。こんなところを散歩できて。

私もこっちに帰ってきてから、こんなにいろんな散歩コースがあるのだと知りました。
今は暑いので、早朝1時間半ほどの散歩ですが、いい季節になったら一日中歩いていたりして…(^^;)

ウバユリは、私は初めて知りました。
普通の百合とは大きく違って、これ以上は開かない、細いラッパのような花ですね。
色も地味だし…。
でも、それはそれでいいなぁ…とおもったりしています。

この森、これからどんな花が咲くのか楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つるま自然の森から相模カンツリー倶楽部へ | トップページ | 境川へ »