フォト

いくつになったの?

Memory's memory

いちえ会メンバーブログ

  • blog list
無料ブログはココログ

カメラとおでかけ

2014年8月29日 (金)

久しぶりの車山

何年振りかの車山散策の機会がありました。
「車山を知らずして、いちえ会の一員にあらず…」とはオーバーだけど、ほとんどの方が一緒に車山(霧ヶ峰)を経験していると思います。

今年は、、いつもより遅い8月末とあって、お天気とお花の数はあまり望めないものの、それでも高原の澄んだ空気を吸いにでかけてきました。
また8月というのに、10月中旬ほどの涼しさの中、それでも覚悟した雨にはたたられることもなく、静かな高原を歩くことができました。

リフトの乗り場は、もう一組(大型バス2台)の団体さんとかちあわせ。
どうなるかと思ったけど、この大団体は、山頂から静々といずれかにウォーキングしていきました。

Dsc_1042

のぼりのリフト、車山には慣れている人はこのくらいの霧は覚悟の上だけど…(なにしろ霧ヶ峰ですから)…初めての人はちょっとびっくりされたかも。

Dsc_1051

日本百名山のひとつ、霧ヶ峰の最高峰「車山」山頂には、リフト2基を乗り継いでわずか15分ほどで登ってしまいます。
その山頂には、4本の御柱を持つ「車山神社」が。「天空の御柱」といわれ、7年に一度御柱の引き上げも行われるとか。でも、今回は、それも霧の中…。

Dsc_1057
山頂で、短い休憩と腹ごしらえをしたあとは、中腹の車山肩へ。
比較的幅は広いけれど、石ころがゴロゴロした道を緩やかに下っていきます。
道の両側には、季節ごとの植物がさりげなく咲いていて…。

Cats1_2

Cats2
8月の代表花マツムシソウ

Dsc_1159
ヨツバヒヨドリの横を写真を撮りながら歩く。Cats3

Cats4_3

少し秋の風情の八島湿原

Dsc_1167_2

ヒョウモンチョウの三連荘に出会いました、ラッキー!
というか、このチョウは結構たくさんいましたが(^_^;)

Dsc_1192t

Cats5_2

バスの上には、青空も…

Dsc_1222
今回は、諏訪大社下社秋宮へ直行。
霧ヶ峰に来て、初めての諏訪大社へのお参り、ご朱印をいただいてきました。

20140827_063448525_iosr
帰路は、中央道入口にある「おぎのや」で打ち上げ。
もちろん、おぎのやといえば、「峠の釜めし」は外せません。
バスの中で、美味しくいただきました!

 

2011年8月 5日 (金)

2011年車山・八島ヶ原湿原オフ

車山・八島ヶ原湿原オフ、雨の中を決行しました。
これが、こんかいチャーターしたバス、25人乗りに14名…贅沢です(^_^;)
Dsc_5694
茅野では、雨は上がっていました。ちょっとだけ山でもこの調子の空模様が続くように願いましたが、やはり…。でも、10日前よりはずいぶんと明るい感じで、視界も良かった気がします。

Dsc_5768
この風景を見ながら、みんなで丸太のベンチでお昼。
これでも、想像したよりずーっと視界が広がっていて、ちょっと内心ほっとしながら…。

でも、神様は甘くなかった…。
おにぎり食べ終わった頃に、また雨。
急いで傘を出して、コロボックルヒュッテへ。

コロボックルヒュッテ横のニッコウキスゲの丘は、やっぱりほとんど咲き終わっていました。
そのかわり、秋の花々が顔を出してくれていたので、良しとしましょうか。

お約束の図鑑最終編。

Photo03

 

Photo02

八島ヶ原湿原についた頃は、本格的な雨…。というより土砂降りといった方がいいかも。

それでも、あきらめきれずちょっとだけ木道に…と出たところで、子供たちの一団と遭遇。
夏の林間学校でしょうか。長い長い列が
  「こんんちは!」「こんにちは!」
うーむ、この子たちがみんな行ってしまうまで、100回はこんにちはしないとな…。

というわけで、木道を右手に折れて少し退避…するつもりが、後ろから「一周しよう!」の声。せきたてられて、とうとう一周してしまいました。
途中、雨あり、霧あり、暑いくらいの陽射しあり、そのうえ再び雨と雷…、たった75分でほとんどの天候を経験してしまいました。こういうこともあるのですね…。

天気の合間に、トンボさん…何トンボでしょうか?
Dsc_5795_2

途中の幻想的な風景、歩きながらパチリ。思ったより撮れていたので載せてみますね。

Dsc_5801

 

Dsc_5802

この後、大雨と雷に見舞われ、大急ぎでビジターセンターへ。

この間、「歩かない派」は、ビジターセンターでビール!
でも、陽射しが出た時には、ちゃんと「小さい一周」で池の周りを一周したそうです。

おいしい牛乳で喉を潤し、若い可愛い職員の方とおしゃべりし、適当に人が少ない湿原を満喫してきました。

今年の夏の高原散歩も、これでおしまい。
茅野で、大きな虹が見えました。
かすかな色ですが、見えるでしょうか…。

Dsc_5828

また来年! 来年はいいお天気になりますように…。

2011年7月29日 (金)

台風と車山

7月21日は、台風も少しそれて、上諏訪には陽射しが戻っていました。
ちょうどニッコウキスゲが満開、という時期でもあり、レンタカーを飛ばして見に行くことに…。

車山の斜面いっぱいに広がるニッコウキスゲを想像しながら霧ヶ峰に入った途端、濃い霧!
「さすがに、霧ヶ峰…」。

今年は鹿の害から守られて、電気柵の中ではあったけれど、霧の中でも満開のニッコウキスゲに会うことができました。

他にも、たくさんの花たちが…。
31日の「車山オフ」に備えて、図鑑的に並べてみましょうか。
きっと、わずか10日でも、また違ったお花が咲き始めていることと思います。

01_202_3

(追記:ノアザミとしましたが、タムラソウの可能性もあります。見分け方は葉に棘があるかないか…のようですが、この写真には葉が写っていないので見分けようが…。ちゃんと葉っぱも写さないと…。ただ、ノアザミは夏の花、タムラソウは秋の花だそうで、これはやっぱりノアザミでいいのではないかな…と思います。)

03 06 04

31日は、曇りの天気予報…でもなんとかお天気になってくれるといいですね。

2011年7月27日 (水)

蕎麦倶楽部「佐々木」 

松本といえば、いつも行くのは「女鳥羽そば」。
今回も、関西から来た友達を案内すべく意気揚揚と行ってみると…、なんと水曜日は定休日。ネットでちゃんと調べていくべきだったな…。

というわけで、近くの松本市蔵の会館で、おすすめのお蕎麦屋さんを教えてもらった。
松本城近くの蕎麦店「蕎麦倶楽部 佐々木」。

Img_1631_2

店に入ると、「サイトウキネンフェスティバル松本」のパンフレットが置いてあり、奥にはクラシックを奏でる「蓄音機」が。今年も8月~9月、またこのお祭りが開催されるのだな…。
一度でいいから、行きたいな…。

え?でも待って! ここ、お蕎麦屋さんだよね!
店の奥には「His Master's Voice」のあの置物もある。
お蕎麦屋さんなのに、クラシック喫茶のような雰囲気。

そのうえ、偶然教えてもらって入ったお店だけど、もちろん、お蕎麦もとても美味。
さすが、地元の人に教えてもらうと、確かだな…。

店先に飾ってあるのは、松本の七夕飾りの「七夕人形」。
独特のこの七夕飾りは、松本の街のお店の前には必ずと言っていいほど見かける。

Cats

2011年6月20日 (月)

ウォーキング

6月19日、Hi-Naとつむぎと一緒に昭和記念公園を歩いてきました。
今の時期、お花はほとんどありません。すこーし、見ごろを過ぎたポピーが「花の丘」を彩っていましたが…。

「川沿いの道」という名前にひかれて歩き始めた道は、さすがに風も涼しく快適。
猫ちゃんがのんびりとお昼寝の真っ最中でした。
犬が通ろうと、人間が語りかけようと、マイペースを崩さずに。

Dsc_5673_2
トケイソウ…見たままの名前ですが、ハーブ名をパッションフラワーといって、精神安定、血圧降下に効き目があるとか…。

Dsc_5676

これはアリウム・ギガンチウムという名前のよう。

Dsc_5678

今回のルートは、西立川口から砂川口へ、園内で17000歩くらいでした。

Map 砂川口から最寄りの駅まで歩いて20分。これも結構な距離があり、iPhoneのMAPを見ながら…。
途中、ちょっと道を間違えてしまい…でも、そのおかげで玉川上水に遭遇。

Dsc_5688
一日の歩数20000歩ちょっと。つむぎはもっと歩けそうに元気にしていましたが、夜はあっという間に爆睡。
やっぱり疲れたのかな?

Dsc_5690

2011年6月 6日 (月)

公園の緑

梅雨の晴れ間の公園。
今は紫陽花が色をつけるのを待つ、静かな公園に変わっています。
池のそばには、60センチ以上もある太い大きな超望遠レンズを構えて、お目当ての野鳥が来るのを待つアマチュアカメラマンが、静かに語り合っていました。

P5312711waku

E0181075_11151644

毎朝繰り広げられていた、ウランとうむぎのバトル。
このところは、つむぎが少し大人になったせいか、ウランを辟易させる「遊ぼう!」攻撃は影を潜めているようです。

Img_1590_2

地震もこのところおさまってきている感(油断は禁物)があるので、いったん長期帰宅となったつむぎ。
また遊びにおいでね。

P6022746waku

はい…

 

2011年5月31日 (火)

薔薇

地下鉄南北線「西ヶ原駅」で下車徒歩7分のところに、「旧古河庭園」はありました。
洋館は、鹿鳴館や旧岩崎邸を設計したコンドルの最後の作品、ということもあって、特に楽しみにしてきました。

重厚な石造りのエントランスには、古河家の家紋が…。

Img_1562

一歩入ると、マントルピースと当時からのシャンデリアがある広いロビー。
そのロビーの周りにぐるりと、各部屋に入るドアが並んでいます。
ガラス張りのサンルームがついたビリヤードルーム、応接間、バラ園を望むダイニング。
こんな調度に囲まれ、バラを正面に見ながらの朝食、優雅すぎます…。
特に、メインダイニングは、端と端の席では会話ができないほど広く、そのため音響効果を考えて腰板を高くするなど配慮されているとか。時折、この部屋でコンサートが催されるというのも納得です。

階段を上がって二階にあがると、そこも広いロビーに、ぐるりのドア。
そのドアの中に、もう一枚引き戸があり、その奥は純和風…というより正式な和室がしつらえてあるなんて想像もできません。
和室には書と同様に「真・行・草」の格があるそうで、お客様用の和室の作りは最高級ランクの「真」、家族の居室は「行」や「草」と作り分けられていました。外観は完璧に洋風の建物の中に、「格」を意識した和室があるなんて、驚きです。
さらに、主寝室の隣に6畳ほどの小さな部屋が隣接していて、壁や天井は洋風なのに床が「畳」…。
日常は和服で過ごした当時、着替え場はやっぱり畳で…、と、あとで床に畳を入れたとか。
そして、特注のタイルに大理石のこじんまりした風呂桶…。
贅を尽くしながら、でもやっぱり日本人だなぁ…と妙に親近感を覚えた空間でした。

洋館は、外から見ると重厚な煉瓦造り、その少し赤みがかった外壁(雨にあたると若干赤みが増すそう…)にバラの花がよく似合います。

Page2

雨上がりのバラの庭園、アイボリーのバラがまるでブーケのようでした。

P53026612w640

Flashは、いちえ会で皆さんと一緒に勉強していますが、市販本での独習ですので、なかなか進みません…。
でも、一緒に何かできるって楽しいものですね!

2011年5月15日 (日)

東大駒場キャンパスの散歩道

東大駒場キャンパスの小さなバラの花壇は、今、さまざまな品種が次々と咲き始めていて、ついつい足がむいてしまいます。Dsc_5553_2

Dsc_5540w640

Dsc_5547

Page2_3 Page3 その先の梅の木は、2月には甘い香りと可愛いお花で楽しませてくれ、今の時期は大きな実をつけていますが、ここの梅は実を取るためのものとか。以前は、このあたりは農学部があったとか聞いたことがありますが…。

 

2011年2月15日 (火)

ひたちなか・笠間へドライブ

茨城県の那珂湊の魚市場に、お寿司を食べに行ってきました。
前日急に、婿殿が「年末お母さんは食べそびれたので、是非」と誘ってくれたそうで、ウルウルです。
予報によると雪になるという話だったように記憶していますが、このお天気!

P2132078

魚市場とあって、市場の中には100種類以上の魚介類が販売されているらしく、この人出、まるで年末の買い出しのようでした。

Photo01

ウランもつむぎも、いっぱい散歩した後、こうやってキャリーの中でおとなしくお買い物が終わるのを待つことしばし…。
この白いレトリバー君は、まだ11ヶ月とのこと。でも、とてもしっかり訓練されている様子!時折、11ヶ月らしい仕草がまた可愛い。

目的のお寿司は…、庶民的な回転寿司にもかかわらず、これは美味しい!!
写真撮るのも忘れて…。

Susi2

写真のものではありませんが、特に鯖が抜群でした。
松輪の鯖に勝るとも劣らない…

お腹が満腹になったところで、笠間へ!
笠間は、笠間焼きという焼き物の町で、笠間神社も有名です。
その上、川越や京都を思わせるしっとりとした町並み…。

Photo02_2

笠間は、いいところでした。
焼き物の窯元、昭和30年か40年くらいの古い家具のリサイクルショップめぐり、工芸の丘公園、おしゃれなカフェ、本当に素敵な町でした。
住むならここ!と、娘も大のお気に入りに。

さて…、帰りの車内、お二人さんはお約束のようにこの有様…。

P2132127

お疲れ様でした!!

2011年2月13日 (日)

梅が咲き始めました

昨日今日と、東京は雪ですが、雪を吹き飛ばすように…梅をとってみました。
早く来い来い…春…の願いを込めて。

201102_13_75_e0181075_1313354

201102_13_75_e0181075_1315581