フォト

いくつになったの?

Memory's memory

いちえ会メンバーブログ

  • blog list
無料ブログはココログ

LUMIX G 20mm/F1.7

2011年8月15日 (月)

ゴーヤのグリーンカーテン完成!

今年は、ちょっと迷うことがあって、ゴーヤの苗の準備がおくれました。
その最初の様子は、こちらです。

7月末の台風と雨続きで涼しい日が続いていたころは、葉も小さく、雌花ばっかり目立つ苗だったのですが、8月に入って本格的な猛暑日が続くようになると、あっという間に2階まで駆け上がり、3鉢で20個以上、実が育っています。

というわけで、例によってその様子を。
そこそこ陽射しを遮ってくれるようになりました。
実も12cmくらいですが、そろそろ次々に食べごろになってくれるでしょう。

大のゴーヤ好きなので、毎年楽しみができました(笑)

Page1

2011年6月 6日 (月)

公園の緑

梅雨の晴れ間の公園。
今は紫陽花が色をつけるのを待つ、静かな公園に変わっています。
池のそばには、60センチ以上もある太い大きな超望遠レンズを構えて、お目当ての野鳥が来るのを待つアマチュアカメラマンが、静かに語り合っていました。

P5312711waku

E0181075_11151644

毎朝繰り広げられていた、ウランとうむぎのバトル。
このところは、つむぎが少し大人になったせいか、ウランを辟易させる「遊ぼう!」攻撃は影を潜めているようです。

Img_1590_2

地震もこのところおさまってきている感(油断は禁物)があるので、いったん長期帰宅となったつむぎ。
また遊びにおいでね。

P6022746waku

はい…

 

2010年5月 4日 (火)

駒場東大のグランドにて

ベツレヘムの星

P5012203

 

P5012196

 

P5012226

アグロステンマという花だそうです。

 

2010年4月29日 (木)

八重桜・小手毬・ベツレヘムの星

EP-1にパンケーキレンズ、お気に入りのコンビなのですが、ちょっとお花を撮るにはいまいち。
…と思っていたら、LUMIXのレンズがとても明るいことに気付きました。
今頃…、そうですよね、今頃気づくなんて。

LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020、このパンケーキレンズがこんなにすぐれものだったなんて、気づきませんでした…。
毎日持ち歩くパンケーキレンズでお花が撮れる…考えただけでもウキウキします。
やっぱり、へたっぴはレンズから入らないと…(笑)

P4292102

 

P4292104

 

P4292114

 

P4292156

 

2010年3月30日 (火)

鳥取から大阪グルメ旅

鳥取県とマイクロソフト社の協働プログラムでセミナーをお手伝いすることになり、行ってきました。

鳥取県の「とりぎん文化会館」は、あっと驚くようなモダンな建物。
あっと驚いたせいか、はたまたセミナー前で緊張していたのか、写真を撮り忘れてしまいました…残念。
30名ほどの方が集まっていらっしゃって、Window7、Wordでイラスト、デジカメでムービー、の3つのテーマで、パソコンの面白さを伝えるセミナーでした。
あれもこれも…と欲張りなセミナーでしたが、参加した皆さんが楽しんで下さったならいいのですが…。

翌日は、特急「はくと」で一路大阪へ。
鳥取から大阪まで、この特急「はくと」で、わずか2時間半でついてしまうのですね。
この日は、学生時代の友達と心斎橋の「うえしま」という串カツのお店で食事会をすることになっているのです。

でもその前に…懐かしい西宮の桜と母校を訪ねてぶらぶら…散策。
この日は、何と17000歩も歩いてしまいました。
西宮の夙川沿いは当時から桜の名所。今も桜道として市民の「お花見」の名所になっているようです。今回はまだ2分咲き程度。震災のせいか、桜の数が減り、少しずつ新しい木が植えられつつあるように感じました。

P3271693

P3271701_2

懐かしい母校の裏庭には、モクレンが咲き誇っていました。そばに阪神・淡路大震災の犠牲者追悼記念植樹…のプレートが。

P3271730_2

へたな絵葉書のようなこの写真は母校のシンボル時計台。当時は図書館だったのですが、今は図書館はこの建物の後ろに建設され、時計台だけになっているとか。
背後には、これもシンボル「甲山(かぶとやま)」。
あ、ずいぶんとローカルな話になっちゃいました(^^;)。

P3271794_2

さて…、この日のメインイベントは、心斎橋の串カツ「うえしま」でした。
有名人も通うというこのお店、大阪で一番おいしい、と評判だそうです。

http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27000865/

今の串カツ屋さんのような形の元祖とか。
在阪の友達があっという間に集まってくれて、持つべきは友…を実感。
レトロな店内に、黙って座れば?ストップをかけるまで、次々と創作串カツを出してくれます。さくっとしていて、軽くて、胸やけ知らず。
でも…、お値段もそれなり…。
12席ほどしかない上、人気のお店なので、予約しておいた方がいいかも…。

「うえしま」の入り口

Img_0645

デザートも串カツで。パンの串カツに アイスクリームをまぶして。
珍しいものをたくさん食べることができますよ。Img_0651_2

食べるのに夢中で、写真を撮るのを忘れてしまいました…。

Line081_2

さて、翌日はお目当ての「そば会席 ろあん松田」。

続きをお楽しみに…。